アウトソーシング

Author: teamrobby.com

「アウトソーシング」という考え方があります。――ということについて、最初にお話したいと思います。
アウトソーシングというのは、簡単な日本語に直すと「外部委託」ということになると思います。特に、企業がその業務を外部の業者に委託するということに関して、このコトバがよく使われています。
企業内で行うよりも、外部業者に委託したほうがコトがスムーズに運ぶ、そういった事柄に関して、アウトソーシングという方法がとられているわけです。

業者が提供するアウトソーシングサービスには、タイトルにもあるように、経理代行や社宅代行といったものがあります。
経理代行、社宅代行というのは、それぞれ企業の経理部とか総務部とかいう部署が行う仕事を、代行するサービスです。経理代行で行われるのは、のちのち詳しく書くことになると思いますが、「お金の計算」というコトバで言い換えることが出来るようなもの。
社宅代行で行われるのは、はなはだ簡単なコトバではありますが、「社宅に関するすべてのこと」と言い換えることが出来るかと思います。

特に、社宅に関することなどは、企業が取り組む福利厚生に深く関わってくるものです。福利厚生というのは、企業で働く人たちの、労働のモチベーションを一定に保つために必要な事柄。
福利厚生がしっかりしている企業に、ひとは入りたいと思います。なぜなら、そこでなら気持ちよく仕事が出来、人生を生きることが出来るからです。

経理代行などを行う業者では、社宅などに関することの他にも、働く人たちの福利厚生に密接に関わる代行業務を行なっているのです。

OUT LINK

安心できる社宅代行ならこちら「NTTビジネスアソシエ」
経理に転職するならこちらがオススメ|人材ドラフト
福利厚生のサポートサービスを活用しよう【JTBベネフィット】
東京の社宅情報が手に入るのはこちら|FJネクスト